やや反社の方々の多く集住される施設をどう考えるか



有名なマンションはあるものの…




歌舞伎町には事実上ヤクザマンションと勝手に呼称されているマンションがいくつかあります。要は組員住居や組事務所と一般住居が混在しているやや廉価な、訳あり分譲マンションの類のことです。

しかし、いわゆる権利が複雑になってしまって勝手に占有している物件のようなものを除き、一般には彼ら組織が実際には1棟を独占しているというものではなく、通常の居住者と多くは混在していますので、そこまで恐ろしい感じではありません。ただ普通に住宅情報系サイトでも引っかかるのが、その気がなくても安くて住んじゃう可能性がなくもなく、知らないということは恐ろしいことです。(内見に行くと、オーナーが外国人である場合などが多く<これは差別的な意味合いではなくてこの地域の土地建物は一定量外国人が所有しているケースが多いため>、メンテナンス・改装処理が最低限だったりするので概ねわかりますが……)

意外にも静か

この手の物件、検索するだけでも概ねわかるものですが、実際、歌舞伎町に住むにあたって強くリスクを感じるか否かですが、水商売や歌舞伎町好きな人、その筋系のマニアの人なんかは、有名なそれ系マンションでも、気にせず普通に住んだりしています。エレベーターで鉢合わせする可能性はありますが、普通はそれだけですからね。むしろそういうマンションだと住人は誰も騒がないので、静かだったりはします。問題は下のほうの人のあしらいと、抗争が発生した時で、建物になにか打ち込まれる危険性がある。そういう意味ではかなり落ち着かないかもしれません。

ヤクザマンションの見分け方

見分け方ですが、歌舞伎町が長い人はだいたい知ってますが、そうじゃない場合。それでも簡単に見分ける方法があります。不動産内見に行くと思うのですが、(特に大手商社系の不動産会社の場合、コンプライアンスを重視していることから)契約をする前にまず不動産会社が勝手に「反社リスク」の話を現地でし始めます。そうじゃなくても、さりげなく不動産業者さんに現地にて聞くと、はっきり言わないまでも表情では暗示はしてくれます。

あとは、表札に堂々と事務所名を出してるところは少ないのですが、関連団体(会誌の事務所なり活動団体なり)ぽいものがあったりする所。歌舞伎町内で建物が古くかつ戸数が多い所。管理がしっかりされていても、何か出入りが少ない所。あたりは、まあ無くもないと思っていたほうがいいでしょう。

過去に打ち込まれたり諸事件がある場合は報道履歴が残ってますから、当然物件名等は掲示板やSNS以外、ストレートにはかかれないですけど、ニュース履歴やそれにある写真を見るだけでも場所を概ね推定できます。

マンションじゃなくて自社ビルのところなんかはわざと一般的な建物に偽装しており、わかりづらいですが何か違和感があるのでわかるかと思いますが(簡単な見分け方としては「監視カメラが多い」「窓が少ないなど」)、
マンションだと特に外側ではわからないので「え、こんな大手管理なのに…」などとわかりづらい側面もあります。

これ系の物件を避ける方法

こういう物件を避けるにはどうしたらいいかといえば、ようは賃貸専門じゃなく不動産売買を目的としているようなところで管理会社が比較的入居審査の厳しい業者の物件(できれば事務所NGの所)を見れば回避できるかと思いますし(売買目的を主とする業者の場合、不動産価値を高く保つ必要があるからです)、あとは逆にやや高級めな「水商売オンリー」みたいな賃貸物件(タワーマンションや逆にワンルームアパートなどでありますが)だと主に夜の店員たちが居住するためのものなので、あちら筋のストレートな人はあまり出入りしなくなります。


おすすめ記事



関連サイト