歌舞伎町周辺の物件は、知らない人に侵入されないような物件を選ぶといい



3F以上であっても、軍隊経験者なら登れる(警察談)




元々外国人の多い町なので、誤解されると困るのですが、当然9割以上の人はまともなのですがまれに海外からきてビザ切れや学校や仕事からドロップアウトして不法滞在している人というのも発生しています。そういう人の中の一部には正業につかず(つけないため)、ちょっとした悪いことをするアウトローになってしまうことがあります。僕の知人もマンションを窃盗に入られていて、その時は「3-4階以上であっても配管などつかまるものがあるか、壁と壁にはさまったりできれば、軍隊経験者(の外国人)なら簡単に登れる」と警察に言われたといっていました。なので、外国人を犯人と疑っていたのでしょう。

といっても、それらのようなケースはまれです。あきらかに昔に比べればそれらは減っており、過剰に警戒する必要はなくて、普通に普段から犯罪に巻き込まれないような物件に住んでいれば問題はないのです。この町に住んでいても、ようは悪い人が入ってこれるような「死角」があるとよくないわけです。一般に言われるロケーションの良い建物であれば、そのような問題は深夜以外はあまり気にする必要はありません。深夜は、というのは、たとえ見晴らしがよくとも、人が気にしていない夜間などは誰も見ていないわけで、変なことが起こり得なくはないからです。

かつてのようにドアピッキングに対しては対策がされているケースが多いかと思いますが(サムターン回しができないようにしてあったり、2つ以上施錠するなど時間がかかる仕様にしていたり)窓側なども最低限の防犯対策をされていたほうがいいと思います。

避けておいたほうがいい物件と良い物件の違い

まず、隣接物件からすぐに柵ごしでベランダや階段などに入れそうな物件は避けておいたほうがいいです。しかも当然隣接しているということは見通しも悪いので、犯罪者にとっては死角だらけで侵入が容易になってしまいます。死角といえば外階段が裏側にあるなどもあまり良いとはいえません。

1階も同様の理由(侵入されやすい)で避けておいたほうがいいでしょう。可能なら上層階、6階よりも上だと比較的安心だと思います。ただ最上階とその下辺りは、屋上に容易に出やすい構造があった場合は、上から降りてくることも不可能ではありませんので、屋上への道があるかどうか、施錠されているかどうか等も内見時にはチェックしておいたほうがいいです。

窓側ですが、たとえば向かいの道から見て「帰ったことが一目瞭然になる」ような感じになる部屋は避けておいたほうがいいかも。これはストーカー対策です。

またゴミはできれば、集積所がちゃんとしていて、他人に荒らされたりしないような仕組みになってると理想的ですね。
オートロック物件のほうが安心ではありますが、オートロックも人の後をついて入ってしまうなんていう例もありますから、あてにしすぎるのも考えものです。

内見の際は、自治会や建物内の管理組合の掲示板や、管理人室周りもよく見ましょう。共同部の床タイルが白くなっているなど汚れていたり、権利人(管理者)がはっきりしない物件は避けておきましょう。

防犯カメラが多い物件、セコム等警備保障会社との契約物件は比較的安全かと思います。

エレベーターは複数あったほうがいいと思いますが、その他複数ルートの階段でも上下できるほうが望ましいです。

歌舞伎町近い物件は住人の質を見分けよ

歌舞伎町にほど近くても、住人の質が良い物件はあります。タワータイプ等の高額物件(これは収入をもってふるいにかけられるのですが、歌舞伎町の場合逆にものすごい悪い人も入れてしまうのでなんとも言えません)や、通常タイプでも比較的審査の厳しいようなところや、古くからの住人が住むマンションや、学校付近などのファミリータイプ等(歌舞伎町内にはないので注意。新宿6-7丁目辺りに若干ある)でしょうか。

逆に住人の質が悪いのは築年が経過している解体が近いマンションで、たとえば外壁がちぐはぐ、汚い。ポストが荒れている(凸凹殴った後などあったりや、1件たりとも名前を書いていないなど)、チラシのゴミ捨て場がない等ロビーが汚いもの。ゴミ捨て場がよくないもの(当日朝出しや、建物前に置いてあって施錠せず誰でもいじれそうなもの)。いろいろと気にしてみてください。


おすすめ記事



関連サイト