歌舞伎町であえて事故物件に入るという人が結構いるらしい

歌舞伎町に住むために事故物件

事故物件は安い



どのTV番組で見たのかは忘れたが、歌舞伎町で水商売関係の以前紹介したのとは別の不動産店で、意外と「事故物件にあえて入る人がいる」というのをやっていました。元から安く住みたいなどのわけありならまあわかりますね。優先順位ですから。そして、歌舞伎町周辺、(事故物件)まあまあありますし、「どこでもそんな変わらない」という考えなのでしょうか。

とはいっても壮絶な事件もあったし…

こないだのホスト絡みの抜弁天の事件じゃないですけど、事件が集中する場所というのがあります。ああいうのは、霊的なものではなくて、単純に売上で色恋営業するホストが集住していることによって色恋トラブルが起きやすいのではないかと思われますが、場所的に壮絶な現場だったりすると、さすがに入るのもためらわれますね。いったいどういう心理で入るんでしょうか。

事故物件に関する調査

歌舞伎町ではないですが、SUUMOジャーナルが別に調査したものを見ると、事故物件に入ったことがあるという人は5.5%程度。事故物件に住んだ経験者のなかでは知っててあえて事故物件に入るという人は3割くらいいるのだそうです。

怖いイメージのある事故物件、住んだことがある人の3割はあえて選択!? 事故物件調査[1]

詳細が気になる方はリンク先を見て頂くとして、まあ単純に死生観の問題であって、どこの土地にいっても誰も死んでない土地など皆無なわけで、気にしない人は気にしないのかもしれませんね。

基本的に「告知事項」は1居住挟むとなくなる

事故物件に関しては必ず告知するルールになっていますが、その告知事項は間に1人住むと義務がなくなるので、場合によっては不動産関係者に居住契約を結ばせたり、それこそ訳あり物件好きな方を安く住まわせて回すということがありますが、それ以降は、昔なにか事故があったりしても、よほど聞かれない限りは言いません。なので、まああえて「もしかして事故物件?」というのが嫌な人は、不動産店がしつこく口を割るまで聞いておくのも一考です。とはいえ、専任の不動産店でもなければ告知事項が最初から明記されてない物件についてそれ以上(図面以外)の情報は持ち得ていませんから、「大島てる」など専門のサイトを見ておくのも一考です。今住んでる物件はみないほうが精神衛生的にはいいかと思いますが。

関連記事

歌舞伎町周辺の物件に水商売の人が入る時は、3ヶ月ほど給与明細を見せる必要がある場合も





関連サイト